HOME > 乾式安全器 > 乾式安全器のしくみ

乾式安全器のしくみ

乾式安全器の構成

乾式安全器は「逆火防止機構」「逆流防止機構」「遮断機構」から構成されています。

  1. 逆火防止機構  : 逆火・爆轟の火炎を消火阻止する。
    「消炎素子」
  2. 逆流防止機構  : 酸素が燃料ガス側に逆流した場合、逆流を止める。
    「逆止弁」
  3. 遮 断 機 構  : 逆火発生時、ガスの通路を強制遮断し、ガスが再び供給されないようにする。
    「遮断器」       再使用するには復帰する必要があります。
乾式安全器 乾式安全器
火炎を消火阻止する消炎素子(左)はガス用フィルター(右)と比較して、
非常に微細な粒度の素子で形成されています。

消炎素子

乾式安全器の作動状態について

正常の場合

燃料ガスは正常に流れている。 乾式安全器

酸素逆流した場合

酸素が逆流すると、逆止弁が作動し逆流を止める。 酸素逆流

逆火した場合

逆火・爆ごうが発生すると、火炎を消炎素子で
消火し、遮断弁と逆止弁が作動してガスを遮断する。 逆火